bigfamily

アクセスカウンタ

zoom RSS 斧の修理とメンテナンス

<<   作成日時 : 2018/06/04 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

週末は近所のキャンプ場へ行って楽しんできたお父ちゃんです。
5人目のこどもが今月末予定日なので、しばらくキャンプへはいけなそう。。。

さてさて、斧の修理の話
買ってもう6-7年くらいかな?ハスクバーナの斧
柄との接続部分がぐらぐらで、先が抜けてしまいます。
この前の薪割りしていたら、柄をとめている丸型くさびが2つのうち1つが外れて行方不明に、、、、、
そろそろ、お手入れが必要かな?とネットを見ていると「あさまストーブ」というお店に耳よりな情報が!!
http://asama-stove.com/index.php/2018/04/07/careaxe01/
斧はウチのより高級なグレンスフォッシュというスウェーデン皇室御用達の斧
ハスクバーナもスウェーデンの斧だから差ほど変わらないはず
画像

写真はぐらぐらになった斧
本当は、前の週末に「薪フェス」というイベントにお邪魔して聞こうと思っていたけど、長女が近所の子とお買い物♪に行きたいというので、中止に、、、、、

という事で、「あさまストーブ」へ行って来ました!
あさまストーブでは、ハスクバーナは扱っていないというので、そこでは治らなかったけど、いろいろなお話が聞けました。

斧が大好きでスウェーデンではそこそこ有名な日本人であることとか、日本の斧メーカーとコラボして特注の斧を作成中なこと、斧を使って斧の木彫りを作ったことなどなど、、、、、いろいろ教えてくれました。

グレンスフォッシュの斧でためし割りとか、ヘルコも試してみました。
画像

グレンスフォッシュ
画像

ヘルコは、柄の部分が緩やかに曲がっていて持ちやすく、斧を振り下ろすときに曲がっている部分がムチのように軽くしなって薪へ命中するそうです。
ヘッドは重いですが、気持ちのいい斧です。

個人的には、ヘルコの斧の方がヘッドに重みがあって今使っているハスクバーナに似た感じだったので、好きな斧でしたが、グレンスフォッシュも軽いわりに力が入って扱いやすい斧でした。
子どもに買ってあげるなら、グレンスフォッシュかな?
でも¥26,000。誕生日プレゼントかな?

ちなみに中学生長男に聞いてみたところ、あっさり却下

帰り際に、斧の刃先を研ぐ石を買ってきました。


あさまストーブ楽しかったです。また、斧のことで困ったら行こうと思います。


斧の修理ですが、ヘッドの部分がグラグラしていたので、 一度ヘッドを外して先が出ているところ切って、クサビを外します。
木のクサビが必要でしたが、ないので、先を切った部分を再利用してクサビに加工。
細かいクサビを隙間なく詰めたら、本当は2個だった丸型クサビをして完了。
画像

まだ、使ってみてないので、本当にできたかわかりませんが、触った感じはがっちり頑丈にできたと思います。
画像

最後に刃先を買ってきたディスクストーンで研いでピカピカキレキレに仕上げました。


グレンスフォシュブルークス 大型薪割り 442
ファイアーサイド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレンスフォシュブルークス 大型薪割り 442 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









斧の柄は、ヒッコリーなどのとても頑丈で硬い木でできていますが、使っている間にどうしても割れてきたり、削れてきたり、当たり所が悪いと折れてしまったり、交換や修理が必要ですが、頭の部分は一生もので研いだり、柄を交換することで永久に使用できるそうです。
ウチのハスクバーナの斧も手入れをしながら次の代へ渡していけるといいんですが、、、、、、ね???

「あさまストーブ」さんの受け売りでした。。。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
斧の修理とメンテナンス bigfamily/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる