夏休み 乳頭温泉への旅

おとうちゃんです。
いつもの夏休みの定番は、私の実家、北海道へ船で行って積丹でエゾバフウニを食べること。ここのウニを食べると他でウニは食べれません。
去年奥さんのお母さんと妹家族を連れて積丹旅行をしましたが、ウニが食べれなかったお母さん、ウチの奥さんも美味しいと言って食べてくれました。ほんと甘さとうまみ、鮮度が違います。
子どもたちもここ以外でウニは食べませんがここのウニは大好物なようです。高いので経済的には食べてほしくありませんがおいしそうな顔を見ていれば許せるような気がします。

さて今年はというと、、、次女が生まれてまだ3ヶ月たっていないので北海道はやめようということになり、奥さんの実家山形近辺を旅行することにしました。
で、、初日に行ったのが山寺。

で、、今回紹介するのは秋田旅行。乳頭温泉への旅
私の温泉バイブル「まっとうな温泉」に載っていた「鶴の湯」に泊まってきました。
画像


かなりいい雰囲気でしたよ。ほんとは囲炉裏がある部屋に泊まりたかったんですが、空いていなかったので普通のお部屋。秘湯なだけにもっと汚い感じを予想していましたがとても綺麗な部屋とトイレで安心しました。
だるまストーブがある雰囲気のいい休憩所に海外からの方もいて話ししてみたかったけど勇気がなくてしゃべれませんでした。休憩所内にはロシア人ぽいカップルとイタリア系??っぽい男二人、それとおとうちゃん。おとうちゃんはひとり酒。外国の方はもともと他人のようでしたが途中からお話し始めましたが、残念。会話に入ることができませんでした。
今度同じようなシチュエーションがあったら勇気を出して声かけてみたいですね。

温泉は、洗い場がある内湯1、洗い場のない内湯2、家族風呂1、混浴露天が1あります。女湯はもう少し多いようです。
なんと混浴露天は足元自噴泉。
ボコボコと下から温泉が湧いていて多く湧き出しているところは少し暑いところもありなんだか楽しいです。
お湯はというと乳白色で優しい感じのお湯。ほのかに硫黄の匂いはしますが那須や万座ほどではありません。
肌に優しく美人の湯といわれるのはそこからきているのかもしれませんね。

食事はご飯と山のもの。川魚と漬物、汁物。お米がとても美味しくいただけました。
赤ちゃん次女に話しかけてくれたおじいちゃん、おばあちゃんとお話もできてよかったですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック